毛穴の悩みは年齢と比例する!?毛穴と年齢

年齢ととも起こる毛穴のトラブルとは

女性は、20歳を過ぎると徐々に年齢肌の症状が増えてくると言われていますが、その一つに毛穴のトラブルがあります。
毛穴と年齢肌にはどのような関係があるのでしょうか?

 

毛穴の目立ちはたるみが原因

20代の時はそんなに気にならなかった毛穴が30代半ばになってくると急に目立つようになってきます。

これは、毛穴がたるんで開くのが原因です。

 

毛穴がたるむのは、今まで分泌されていた美容成分(コラーゲンやヒアルロン酸)等が減少し、肌の土台がしっかりしない事が大きな要因と言えます。
その為、肌がデコボコになり、みかんの皮の様な状態になる人もいるのです。

 

10代や20代の時の肌みたいにツルツルプルンという感じではなくなります。

 

平坦さが無く毛穴がたるんでいるのは年齢肌の代表的な症状と言っても過言ではありません。

 

30代過ぎての毛穴の開きには要注意!

もしも、30代半ばを過ぎて毛穴の開きやたるみ、年齢肌を感じるようならば早めにケアしないと、どんどんエイジングの症状が肌に現れてくるでしょう。
最初は、ちょっと毛穴が開いていると気が付く程度ですが、次第に肌がガサつくようになり、顔全体のたるみや小じわが目立つ人もいます。

 

 

アンチエイジングに早すぎると言う事はありませんので、30歳を過ぎたら年齢肌の毛穴対策を始めてみましょう。

 

アテニア【ドレスリフト】お試しセットは14日間たっぷり!トップページへ戻る