乾燥肌にはパックでしっとり

乾燥肌を侮るなかれ!ひどくなる前にケアをしましょう。

乾燥肌になってしまうと、肌が白く粉を吹いたり、赤みやかゆみ、痛みといった症状が現れます。

放っておくと更に悪化してしまう可能性が高いため、十分なケアを行い肌を労わることが大切です。

 

そのような乾燥肌への特別なケアとしては、パックによる保湿が効果的です。
とは言え、間違った方法で行ってしまうと逆効果となってしまうため、正しい方法で行う必要があります。

 

まず注意したいのが、長時間のパックです。長時間行っていると肌の水分が蒸発していってしまうため、乾燥肌の促進に繋がります。
パックをする際は、化粧水を染み込ませたコットンや専用のシートを肌に乗せ、2〜3分程度で外すようにしましょう。

 

またパック時は、鼻と口の部分を空けてラップで顔を覆うことで、水分が蒸発してしまうのを防ぐことができます。
そして、化粧水を染み込ませる方法の他に、オリーブオイルや椿油、ホホバ油などで顔をマッサージし、そのまま時間をおいてパックする方法も効果的です。

 

オイルパックの利点は蒸発しにくいこと

オイルの場合は水分が蒸発しにくく肌に馴染みも良いため、十分な潤いを与えることができます。
肌に塗ってしばらく置き、べたつきが気になる場合は優しく洗い流すようにします。
そして洗顔後は、化粧水などで更に水分を重ねると良いでしょう。

 

このようにちょっとした一手間ですが、パック効果がより高まるのでぜひお試し下さい。
ドレスリフトの化粧水は美容液のような効果があるのでこの方法はとても有効だと思いますので、
1週間に1度とか習慣にしてしまうこともオススメですよ。

 

トップページに戻る>>