乾燥肌と食事との関係

乾燥肌は食事で改善

乾燥肌になってしまうと、洗顔やスキンケアだけ気を付けるようになる人もいますが、

食事を改善しないと根本的な乾燥肌改善にならない事もあります。

 

食事によって体への栄養が行きわたり、乾燥肌改善になることも多いので毎日ちょっと気を付けると良いです。
まずは、乾燥肌に良い食事と悪い食事を知ることが先決になります。

 

乾燥肌に良い食事は、ビタミン類や亜鉛、セラミド、α-リノレン酸等が含まれた食事です。
ビタミン類は、野菜をたくさん食べる事で補うことができますが、サラダなどは逆効果になりますので、温野菜にしてください。
他にも、大豆類、レバー、卵、わかめ、青魚、乳製品、エゴマなどをバランスよく食べた方が良いです。
基本的に、乾燥肌改善に役立つ食事は、野菜や魚中心の和食と考えてください。

 

逆効果の食事とは

逆に、乾燥肌になってしまう食事もありますのでご紹介します。

 

乾燥肌になりやすい食事は、インスタント食品、刺激物、清涼飲料水、冷たい飲み物や食べ物です。
これらの食事を好んでとり続けると、体内に塩分や脂肪分、糖分などが溜まりやすくなり、血流が悪くなって便秘などが起こります。

 

乾燥肌が進んでスキンケアの改善だけでは良くなりませんので、食事内容も変えた方が良いです。
乾燥肌改善の食事を行うと体調が良くなる人も多いのでやってみてください。

 

アテニア【ドレスリフト】お試しセットは14日間たっぷり!トップページへ戻る